top of page
  • 執筆者の写真Makiko Kaiser

「産業カウンセラー」資格

こんにちは!ご訪問ありがとうございます。


2023年、「産業カウンセラー」資格を取りました。

「産業カウンセラー」は JAICO (日本産業カウンセラー協会)の商標で

特定の条件を突破して、JAICO会員になって初めて得られる資格です。


心理学科卒業ではない私は、半年ほど養成講座を受講し、試験を受けて、資格証を手にしました。


これがなかなか刺激的でした!

普段は外出する際は通訳者としてのミッションを背負って、

または母親として子供を連れて(それか主婦として買い出しとか…)

というシチュエーションばかり。


様々な業種・年代・バックグラウンドのクラスメイトや

熟達した講師の方々と共に

通訳ではない勉強をするのは、とても新鮮な体験でした。


半年ほどで取れてしまう資格ですので

難しい心理療法はできません。やり方を習ってもいません。

その代わり「傾聴」というスキルのイロハを叩き込んでいただきました。


実は心理学は大学の学科を決める際に、最後まで迷っていた学問で、

18歳の私は別の学科を選んだのですが

20年越しで勉強するべきタイミングが来たという感じがします。


今まで積み上げてきた通訳を辞めるつもりはありませんが

人生後半戦に入ったと思っているので、心理学・カウンセリングも深めていきたいと思っています。


カウンセリングご希望の方はお声がけください。


*ただしこれまで通訳者としてお付き合いのあった方々に対して

カウンセリングを行うことは、職業倫理上できないのでご了承ください。

(二重関係の禁止という原則があります)


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ありがとう2023、産業カウンセラー資格取りました。

ごぶさたしてます、英語通訳のカイザー真紀子です。 投稿、久しぶりになってしまいました。 秋の繁忙期は忙しかった!! ワーママの限界を見ました… 仕事だけなら、まぁ何とかなるのかもしれないですが、 対応に時間のかかる幼子が二人いる我が家。 在宅ワーカーの夫(特許翻訳者)に 家のことは丸投げさせてもらう日が続きました、、 が、そうすると夫も大変そうなので、どうすればいいのかは現在進行形で悩みの種です。

ワーママの悩み

英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 2歳と6歳の子供を育てています。 今日はワーキングマザーとして 最近ちょっと悩んでいることを書いてもいいですか。 いいですよ(一人二役) 悩んでるってほどでもないんですが… やはり家庭と仕事のバランスは常に悩みどころです。 通訳になりたくてなったわけなので お仕事はできるだけやりたい。 でも一方で、どういうお仕事を受けたら、 家庭にどういう影響があるのかも、考える

通訳前のルーティン

更新空いてしまいました! 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 ブログを書かなかった間も通訳や翻訳のお仕事はやらせていただいてました! ほかにもちょっと忙しかったんですよね。 通訳翻訳以外にもうひとつ、 高校の時からやってみたかった勉強・仕事があり、 その勉強をしていた、というのがひとつ。 半年ほど某講座を受講していたのがおわり、 もうすぐ資格試験があるので、 それに向けてガリ勉しないといけないね…と

Comentários


bottom of page