• Makiko Kaiser

web会議などで、複数デバイスの音声をまとめて1つのイヤホンで聞く方法

最終更新: 4月25日


コロナが始まって一年。


去年はつわりで体調悪すぎてなんにもできなかったので

今更かもしれませんが、

通訳環境@自宅を改善しました。


書いておいたら誰かの役に立つかもしれないので共有します!


【聞く環境】


二つのデバイスを使って

2回線に入らないといけない場合って

通訳者ならよくあると思います。


また、通訳ユーザーも、

同じように二回線を活用しないとならないことがあると思います。


そんな時、2回線の音声を一つのイヤホンやヘッドホンで聴きたいですよね。


そんな時必要なのがミキサーです。

料理用のじゃないですよ!(当たり前)

















こんなふうにしたいです。

(我ながら下手な絵・・・)


「オーディオミキサー」って検索してみるといろいろな製品が出てきます。

ヤマハの製品で有名なのがあるみたいですが

会議に使うにはハイスペック過ぎて、

使いこなせなさそうでした(私には)


もっと簡単なやつでいいよね・・・と

いろいろな通訳さんにお聞きしたところ

一番人気のようだったのがこちらです。


Maker Hart Just Mixer S

(Amazonが開きます)
















↑実際に使用しておりますワタクシのものを激写しました。


このようなミキサーに加え、両端オスのオーディオケーブルが必要です。

2台のデバイスを使うなら2本必要です。

(上のミキサーを買うと、一本は同梱されてきました)


今回、私はAnkerのを買いました。(Amazonが開きます)

ちゃんとしたケーブルなら何でもいいと思うんですが、

こちらの製品は両端のデザインがかっこよくて気に入りました。


ちなみに、ジャックの先の刻み目が2本のものはステレオ、1本のものはモノラルです。



さて、グッズがそろったら、

オーディオケーブルを、PCなどのオーディオポートにつなぎます。

イヤホンをさすジャックがありますよね? そこに差し込めばいいです。


ケーブルの反対側は、オーディオミキサーにつなぎます。

さっきの写真に書き込んで解説すると、下のようになります。




電源も忘れないでくださいね。


ちゃんと繋がっていれば、イヤホン(上の写真の左下)から

両方のデバイスの音が聞こえるはずです。


PC1とPC2の音量のバランスは、ミキサーのツマミで調節できます。


か〜んた〜ん♪


これで劇的に聞く環境が改善しました。


以上が基本形ですが

私はちょっとアレンジして、小型のスピーカーもつないでいます。

休憩時間にイヤホンを外して、スピーカーからジャズを流してリラックスしたり

自分の通訳する番じゃないときに、イヤホンを外しても会議が聞けます。



曜日ごとにリンクが変わる(?)みたいですが、

BGMが欲しい気分のとき、このYouTubeチャンネルが気に入っています。


Relax Cafe Music

https://www.youtube.com/channel/UCaCE5pzy49M8nQ59plgmFOA


長丁場の会議のときは、ちょっとでもイヤホンを外せると楽ですよ。


ただし! 真似をしたいひとは、

自分が通訳するとき・発言するときに

スピーカーをオフにするのを忘れないよう、お願いします。


スピーカーを繋いだ場合の写真がこちら↓

リアルな業務中の写真で失礼します。(背景のダンボールがひどい)




スピーカーはSONYのものです。

もとは台所で料理するときに、

スマホからBluetoothで音楽を飛ばして、楽しく料理するのに使っていました。



66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という