• Makiko Kaiser

InterpreteXのデモに参加しました

JACI(日本会議通訳者協会)さんの主催で、

InterpreteXという日本のRSI(遠隔同時通訳)システムのデモが行われたので、参加しました。(5月14日)


イベントリンクはこちら



オンラインセミナー、最高!



やはり遠隔の通訳テクノロジーは通訳者の期待値が高く、

参加者も多かったし、質問もたくさん出ていました。

(私もいくつか質問させていただきました!)


デモを拝見したところ、

通訳者同士のハンドオーバーも非常にスムーズに行えそうですし、

通訳音声もクリアですし、チャット機能は便利そうだし、

非常に良いな!と思いました。


既存のRSIである Interprefy は

使用機材(マイク・イヤホンなど)に制約があると聞きましたが、

それもなさそうでしたし、手軽に使えそうです。


先日zoomの通訳機能も体験させてもらいましたが、

通訳機能だけ見たらInterpreteXの方が良さそうです。

名前からして通訳用にできているInterpreteXに対し、

zoomは通訳機能をメインに開発してないだろうから、仕方ないのですが。


今コロナなので、

メインの会議を行っているシステム(チームズとかWebExとか)とは別立てで

パナガイドのリプレースみたいな感じで使われるのが多そうではありますが、

もしメインの会議もInterpreteXで行われるのであれば、

一つのシステムで完結するので、通訳者はすごく使いやすそうです。


通訳音声も良かったので、これからパナガイドを買おうとしている会社は

もう全部InterpreteXでいいんでは?と思わされました。 

従量課金ですが、受信機何台必要かなとか、

紛失しないかなとか、考えなくて良くなります。 


セキュリティを心配する人はいると思います。

でも、正直、パナガイドもそんなにセキュアじゃないです。


リモートで通訳するばあい、通訳者の最初の課題は、ハードウエアですね。

パソコンは2台持ってた方がいいし、

2台のPCを両方とも有線でつなげるようにしておいた方が良さそうです。

ちょっと初期投資がいるところですが、価値ある投資かもしれません。


インターネットのスピード等も考えて、

自分側のITインフラを構築しておく必要があるので

やはりある程度のITリテラシーも必要です。


ま、普通にスマホ・PCが使える人は問題ないかと!


新しい可能性が広がってきそうでワクワクしました。


楽しいセッションをどうもありがとうございました!





338回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という