• Makiko Kaiser

産休なう


実は妊婦の私。

臨月に入ったため、お仕事は控えております。

通訳案件受けちゃって、本番前に破水とかしたら事件です。

翻訳だって締め切りがあるのは、ご迷惑をかけられないので、避けるべきですね。


男だったら仕事を休まなくても親になれるのに、

不公平だな〜〜〜と前回も今回も思ってしまいます。

そんなこと思ったって仕方ないのはわかってるのですが。


妊娠は個人差あるし、ベビーごとに違うとも言いますが、

超絶つわり体質の私。


今回もきっちり、つわりで死にました。

春の自粛期間に増量しましたが、吐きまくって体重は激減しましたね。

これをつわりダイエットと呼びます(ウソ)


妊娠初期の通常のつわり期間を終わっても

前回妊娠時から4年、年齢を重ねた分なのか、

どうにもこうにも体調が悪く、昨年夏以降、ほぼ死体として過ごしておりました。

通訳の勉強会なども出られないし、

コロナで仕事が減ったのが、ちょうど良かった感じでした。


家計的にはできることは何でもやって、

もっと稼ぎに行かないといけないんですが

それも健康があってのこと。

産んでしまわないことには話になりません。


逆に言えば、産んでしまえばこっちのもんだと思っております。ガンバルゾ


妊娠期間を「母子一体の愛しい時間」と呼ぶ聖母のような方もいるし

ベビームーンだベビーシャワーだとキラキラした妊娠期間を過ごす方もいるらしいのに

私の場合、2回妊娠してみましたが、2回とも苦しいだけのゾンビ期間でした。

現実なんて、そんなもん。


でも、長く辛い妊娠期間も、もうすぐおしまい!

さあ、陣痛カモン!


陣痛待ちの間に、確定申告の準備作業を出来るだけ進めてしまいたいと思ってます。

あと、実績表の更新。

この二つだけ、生まれる前にやっちゃいたいです。


産後ですが、前回は2ヶ月ほどで復活しました。


今回もそんな感じで、3月くらいからになるかと思いますが

可能なところから復帰したいと思っております。


またどうぞよろしくお願いします。



69回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

産休中の楽しみ

ただいま新生児育児をしています。 当たり前ですが、眠いです。 しかし今回第二子は出産が短く済んだ分、 前回(第一子のとき)よりも体の回復は早いです。 赤ちゃんのお世話も、一度はやったことのあることばかりですし 何よりありがたいことに、今のところ育てやすいベビーなのです。 なので、楽しみも見つけながらやっております。 例えば、授乳中両手が塞がるわけですが Audibleで本の朗読を聞くのが割と良いこ