• Makiko Kaiser

産休なう


実は妊婦の私。

臨月に入ったため、お仕事は控えております。

通訳案件受けちゃって、本番前に破水とかしたら事件です。

翻訳だって締め切りがあるのは、ご迷惑をかけられないので、避けるべきですね。


男だったら仕事を休まなくても親になれるのに、

不公平だな〜〜〜と前回も今回も思ってしまいます。

そんなこと思ったって仕方ないのはわかってるのですが。


妊娠は個人差あるし、ベビーごとに違うとも言いますが、

超絶つわり体質の私。


今回もきっちり、つわりで死にました。

春の自粛期間に増量しましたが、吐きまくって体重は激減しましたね。

これをつわりダイエットと呼びます(ウソ)


妊娠初期の通常のつわり期間を終わっても

前回妊娠時から4年、年齢を重ねた分なのか、

どうにもこうにも体調が悪く、昨年夏以降、ほぼ死体として過ごしておりました。

通訳の勉強会なども出られないし、

コロナで仕事が減ったのが、ちょうど良かった感じでした。


家計的にはできることは何でもやって、

もっと稼ぎに行かないといけないんですが

それも健康があってのこと。

産んでしまわないことには話になりません。


逆に言えば、産んでしまえばこっちのもんだと思っております。ガンバルゾ


妊娠期間を「母子一体の愛しい時間」と呼ぶ聖母のような方もいるし

ベビームーンだベビーシャワーだとキラキラした妊娠期間を過ごす方もいるらしいのに

私の場合、2回妊娠してみましたが、2回とも苦しいだけのゾンビ期間でした。

現実なんて、そんなもん。


でも、長く辛い妊娠期間も、もうすぐおしまい!

さあ、陣痛カモン!


陣痛待ちの間に、確定申告の準備作業を出来るだけ進めてしまいたいと思ってます。

あと、実績表の更新。

この二つだけ、生まれる前にやっちゃいたいです。


産後ですが、前回は2ヶ月ほどで復活しました。


今回もそんな感じで、3月くらいからになるかと思いますが

可能なところから復帰したいと思っております。


またどうぞよろしくお願いします。



閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご訪問ありがとうございます。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 1月半ば某日。 いつものように ・オンライン ・同時通訳二名体制 ・teams 2回線(メイン会議回線と、片方向同時通訳訳出用回線) という案件を仰せつかり 会議30分前に指定されたリンクから オンラインタイマー「Chronograph」にアクセスしました。 ※以前Chronographについて書いた記事はこちら ところが、読み込めな