top of page
  • 執筆者の写真Makiko Kaiser

2020年回顧


クリスマスも終わり、年末いよいよ押し迫ってきました。

今年の業務を振り返りたいと思います。


誰にとってもコロナコロナの一年でしたよね。

私もコロナショックに見舞われ売り上げ急落。


さらにコロナによる需要急落とは全然関係なく、

一身上の都合で仕事ができなくなった時期がありました。

正直にいうと、具合が悪くて寝込んでいた夏の数ヶ月がありました。

今も元どおりの体調とは言えませんが、座ってこのブログは書けています。

(コロナに罹患したのではありません)


【2020通訳業務について】


通訳者にとっては大幅に事業環境が変わりました。

具体的にいうと、オンサイト案件からオンライン案件へと需要が移行したはずです。


幸いデジタルに疎い世代でもタイプでもないので

(もっとガジェットに詳しい人はいくらでもいるでしょうけれど、そんなに抵抗感もない)

RSIなんぞ対して難しくもなさそうなことはさっさと学んでしまって、

需要のあるところへ自分を売り込むこともできたはずなのですが

前述の一身上の都合でそういうわけにも行かず、

来た案件にありがたく対応させていただくに留まりました。


営業活動は来年以降の課題にしたいと思います。



【書くお仕事(本と、翻訳)】


さらに、緊急事態宣言中は初めて書籍作りに参加させていただきました。

これも貴重な経験でした。


完成した書籍は

お値段以上に中身が濃い、良い本だと思いますので、未読の方はぜひ!


それから翻訳です。

ご縁があって、ビジネスニュースの翻訳をちょこちょこさせていただけるようになりました。

通訳はするけれど翻訳はしない(なんなら翻訳は大嫌い)という通訳者は結構多いのですが、

私は翻訳も嫌いではありません。根本的には同じ作業ですし

そもそも言葉の仕事がしたくて通訳者になったので、翻訳も分野が合えば是非!という感じです。


これも非常に面白くて、今、月2~3本くらい担当させていただいた記事が出ているペースですが

もっと出来たらいいなと思っています。

今やっているのは読み物なので緊急に今日中に訳してください!ということはないのですが、

速報性が求められるものなんかも、通訳で培った瞬発力がある(とおもう)ので、家庭環境を考慮しつつ、成立しそうならできるかもしれません。

こちらも営業活動は来年以降の課題としたいと思います。


あと、通訳翻訳とは関係ないですが、人様のブログを読むのが好きで、

ついに自分で書いてみたいという域に達しました。

こちらは本名を出さないで、通訳翻訳とは別の活動として試験的にやってみようかな?? と思っています。

お金もかからないし、ダメだったらやめればいいだけなので。


それと心理学、高校時代から勉強しようかどうしようか、迷い続けています。

大学で専攻しなかったのは自分が潰れそうだったからですが(多分、若すぎた)

もう中年になって、そろそろいいんじゃないかと思うので、

10年先を見据えてちょっと勉強してみよう、か、な??? 

どう考えても子供の学費に備える方が優先ですので、様子を見ながらですけれども。


そんな2020年でした。


本年ご愛顧いただいたお客様各位に厚く御礼申し上げます。



閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワーママの悩み

英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 2歳と6歳の子供を育てています。 今日はワーキングマザーとして 最近ちょっと悩んでいることを書いてもいいですか。 いいですよ(一人二役) 悩んでるってほどでもないんですが… やはり家庭と仕事のバランスは常に悩みどころです。 通訳になりたくてなったわけなので お仕事はできるだけやりたい。 でも一方で、どういうお仕事を受けたら、 家庭にどういう影響があるのかも、考える

Comments


bottom of page