• Makiko Kaiser

ボイストレーニング

最終更新: 2020年3月17日


アナウンスレッスンを受け始めて、先生に教えていただいた声のトレーニングをしております。 私のレベルではもちろん華麗なる早口言葉などでは決してなく(笑)、知らない人から見たら意味不明な、スーハー呼吸する練習や、ひたすら「あーーーーーーーー」というのなどをやっています(そして子供に「うるさーい!」と叫ばれております。笑) アナウンサーや俳優など、声を使う仕事の人がきっとやっているであろう、声作りをしているのだと思います。しつこいようですが、同じ喋る仕事の割に通訳業界ではこういうのをやっている人はめったにいないと思います。通訳学校でも習わない。 私は十代の頃コーラス部に入っていました。フルートも習っていました。音楽を学ぶと必ず音階練習や、管楽器の場合「ロングトーン」と言う、ひたすら音を伸ばして揺れたりぶれたりしないよう、一定に保つキツい訓練がありますが、それと似ていると思います。非常に懐かしい感覚がします。 運動は登山以外ろくにできませんが、スポーツで言うところの千本ノック的な感じです。 ああ、こういうの知らないまま12年も通訳してしまった、と思いますが、今後はより疲れにくい、聞きやすい声にして行こうと思っています。 かなり腹筋を使うので、産後なかなか消えないお腹のお肉に効くかも?という下心もありつつ、来たる繁忙期に少しでも役に立ったら嬉しいです。きちんと喋ろうと思うと、母国語でさえものすごく難しいですが、先生のお声がさすがプロ、大変聞きやすく美しいので触発されています。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

【翻訳】「ネットフリックスの採用面接で頻出、一流人材を見極める5つの質問」

Business Insiderさんで担当させていただいた翻訳記事が 本日公開になりました。 ネットフリックスの採用面接で頻出、一流人材を見極める5つの質問 https://www.businessinsider.jp/post-228428 *有料です。 ネットフリックス志望の方はぜひ御覧ください! Netflixで私がよく見るのはPeppa Pigです。 正確に言うと、私というより、子供に見せ