• Makiko Kaiser

ワーク・ワーク・バランス

最終更新: 2020年3月17日


子育てしながら仕事をしていると、やっぱり時間がない時ってあります。

(多くのお母さんと同じように)私の場合仕事には二種類あって、

一つはもちろん通訳業務、たまに翻訳業務、それらにまつわる事務作業があります。

もう一つは主婦業務です。

主婦業務。

家にいればエンドレスに発生する主婦業務。

生きている限り、文化的な生活を送りたければ避けられない、一つ一つは細かな作業、しかし積み重なるとものすごいボリューム感のある、雑務の集合体。

主人もそれなりにやってくれる方だとは思いますが、

フルタイムの会社員なので、彼に出来る事というのは正直、限られています。

子供のために使わなくてはいけない時間は

朝夕の時刻帯(=保育園に行っていない時)が決まっているので、

そこは基本、子供に捧げて、それ以外の時間で何をするかという話になるわけですが、

通訳案件を入れすぎると、当然主婦業務の時間がなくなってきます。

この間それの配分に失敗して、通訳案件を入れすぎた週がありました。

週に一回、ネットスーパーで1週間分の日用品・食材の発注をするのは私の仕事ですが、

野菜を結構買っていたのに、

その週通訳に忙殺され、冷蔵庫の中に何があるかなんて思い出すこともない日が続き、

土曜日にふと野菜室を開けてみたら、ナスが腐ってアンモニア臭を発していました。

食材を傷ませて捨てざるを得ない、あの罪悪感。

また、その週が終わった週末、

私の不在分の工数をカバーしてくれていた主人は体調を崩してしまいました。

そんなことを経て、考えています。

いかに通訳ワークと家事ワークのバランスをとるか。

まあ答えは出ないというか、日々、バランスを探るしかないと思うのですが、

会社員だったら時短勤務などの制度があったはずので、

フリーランスだからってガツガツせず、自分の中の優先順位を決めて、

欲張りになりすぎず、色々な事を割り切って対応していくしかないですね。

多くのご家庭のお父さんお母さんが同じ悩みを抱えているかと思いますが、

まあ低空飛行でも家族全員体は壊さないようにしていきたいなと思いました。


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

産休中の楽しみ

ただいま新生児育児をしています。 当たり前ですが、眠いです。 しかし今回第二子は出産が短く済んだ分、 前回(第一子のとき)よりも体の回復は早いです。 赤ちゃんのお世話も、一度はやったことのあることばかりですし 何よりありがたいことに、今のところ育てやすいベビーなのです。 なので、楽しみも見つけながらやっております。 例えば、授乳中両手が塞がるわけですが Audibleで本の朗読を聞くのが割と良いこ