• Makiko Kaiser

令和初登山⭐︎残雪の尾瀬至仏山

更新日:2020年3月17日


山が好きです。

趣味は?と聞かれたら「登山です」と答えます。

現実的は子供も小さいし、ごくたまにしか登れませんが、それでも常にチャンスは伺っています。

自分で時間の使い方を決められた頃は、一人でも登っていました。

赤岳と白馬岳はソロで登頂した山です。

え〜怖くない?と聞かれたりしますが、安全第一で無茶なことをしなければ行って帰ってこられます。

さて今年のゴールデンウィーク10連休は奇跡が起きて(というか心優しい旦那さまの協力を得て)、3年ぶりに山小屋1泊の登山をしてきました。行き先は尾瀬、登る山は至仏山です。

鳩待峠からアヤメ平方向へ歩き、森の中(夏は道がないので雪が積もっている時期しか取れないルート)を尾瀬ヶ原へ下って山の鼻まで、というのが1日目の行程。山の鼻小屋で一泊しました。二日目は山の鼻小屋から至仏山に登頂、鳩待峠へ下って、バスに乗って帰ってきました。

これまで一番たくさん訪れている山域は、実は尾瀬です。

その美しさ・植物の豊かさはもちろん、初心者に優しい地形と山小屋の素晴らしさ(なんとお風呂がある!)が魅力で、季節を変えて繰り返し行っています。

にも関わらず、至仏山は植生保護のため非常に限られた期間しか登れないため、これまでタイミングが合わずに登っていませんでした。なだらかな山容の山で、ゴツゴツ男っぽい燧ケ岳と比べて女性的な優しい面影の至仏山。見るだけだったあの山に、今回ついに登ったぞ!という感じです。至仏山から尾瀬ヶ原を見てみたかったので、嬉しかったです。(写真は至仏山山頂から見た尾瀬ヶ原と燧ヶ岳です)

また、あまり雪山は登ってこなかったので、今回残雪期の尾瀬は良い経験になりました。

今後装備も揃えて、雪山はもっとチャレンジしていきたいです。

夏も冬も山は素晴らしい!

二日間家庭から休暇をもらって、自然から元気をもらって、ニコニコ笑顔で帰宅しました。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご訪問ありがとうございます。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 1月半ば某日。 いつものように ・オンライン ・同時通訳二名体制 ・teams 2回線(メイン会議回線と、片方向同時通訳訳出用回線) という案件を仰せつかり 会議30分前に指定されたリンクから オンラインタイマー「Chronograph」にアクセスしました。 ※以前Chronographについて書いた記事はこちら ところが、読み込めな