• Makiko Kaiser

読んだ本の紹介⭐︎「世界一簡単なフランス語の本」

最終更新: 2020年3月17日


読んだ本の紹介です。

中条省平著

「世界一簡単なフランス語の本」幻冬舎新書、2018年

黄色が印象的な表紙の新書です。

20年近く前の学生時代、外国語を学ぶ時は、いきなり文法から。というやり方が多かった気がします。入門書も、大学の授業の組み立て方も。

逆に近年は、いきなり会話から。というアプローチも見かけるようになりました。

私の感想としては、どちらも無理があると思います。

突然文法を学んでもつまらないし、何もインプットがないまま会話は無理です。

そんなニーズに応えてくれるフランス語の入門書が、

「世界一簡単なフランス語の本」だと思いました。

日本語ネイティブが、「フランス語に親しみが湧いて、

フランスの美術館で絵のタイトルの意味がわかる程度」

を目指す本書は、フランス語にカタカナのルビもふってあってとっつきやすく

(最初から発音の規則を覚えようとしても無理があると思います)、

「日本語ネイティブなんだからゆっくり行こうよ」という気分があふれていて、

気楽に読めてしまいます。

フランス語そのものを身につけるのが目的ではなく、

英語の仕事に生かしたいと思ってフランス語を(たまに)かじっているのですが、

それには十分でした。

日本語の日常に、結構フランス語由来のものってたくさんあるんだな、という気づきにもつながりました。

どんなに機械翻訳が発達しても、

外国語を学ぶことはもう一つの思考体系を手に入れること。

語学ってやっぱり面白いです。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

産休中の楽しみ

ただいま新生児育児をしています。 当たり前ですが、眠いです。 しかし今回第二子は出産が短く済んだ分、 前回(第一子のとき)よりも体の回復は早いです。 赤ちゃんのお世話も、一度はやったことのあることばかりですし 何よりありがたいことに、今のところ育てやすいベビーなのです。 なので、楽しみも見つけながらやっております。 例えば、授乳中両手が塞がるわけですが Audibleで本の朗読を聞くのが割と良いこ