• Makiko Kaiser

いつ逐次通訳をするのがいいか


通訳の技術には大きく分けて「逐次通訳」と「同時通訳」があります。

ではいつ「逐次通訳」をするのがいいのか。

対話をする時に逐次をするのがいいと思います。

つまりAさんとBさんが、お互いじっくり話したい、言葉のキャッチボールをしたい、というようなシチュエーションに、逐次通訳はよく合います。

やり方としては、

AさんがX言語で1段落話す。次に通訳はY言語でAさんの話した内容をBさんに伝える。

Bさんはそれを受けて自分の思うところをY言語で話す。通訳はその内容をX言語でAさんに伝える。

という流れです。

Aさん側・Bさん側は複数名ずついてもいいです。

仮にAグループ、Bグループとしましょう。

Aグループの人たちが内輪でX言語のみで話を始めてしまうと、

通訳がXからY言語への変換を行うスキがなくなるので、

Bグループの人たちは置いてけぼりになってしまいます。

(色々な会議をみていて思いますが、このような状況は戦略的に活用するといいですね。)

Bグループが理解しないといけない内容なら、ひと段落ついたところでその内容を伝えます。

あるいは、講演会やセミナーなどで講師の話を聴衆に伝えるために逐次通訳を使う、こともあります。

2時間くらいの講習だったら通訳1名で済むので、お安く上がりますが、

講師は1時間分くらいの内容で話を組んでもらわないと、2時間では終わらなくなる可能性があります。

10年以上前に通訳を始めて習った時、

通訳は原発言の1.5倍くらいが理想と習いましたが

これは多分ちょっと古い感覚だと思います。

現在では原発言と同じくらいの長さか、少し短いくらいが良いとされていると思います。

特にビジネスでは時は金なり。あんまり長々しい訳はよくないように思います。


38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という