• Makiko Kaiser

読了『ノー・ルールズ』


ネットフリックスのことを書いた『ノー・ルールズ』。

面白いと話題の本を読了しました。



噂にたがわず面白かった!

こんな面白いビジネス書はめったにないんじゃないでしょうか!


何が面白いって、経費や休暇の承認がいらないなどの、「ふつう」の組織の概念をぶっとばすその発想。

いろんな会社をみてきましたが、こんな企業統治の仕方があったのか!と目からウロコです。


以前勤めた会社で、出張の宿泊費規定がシングル一泊1万円とかだったところがありました。

当時コロナ前の東京。急に決まった出張にきて、一泊一万円というのは厳しく、というかそんな部屋は見つからず、やむなく予算オーバーの部屋に泊まったら上司に叱責され、やる気なくなってた人がいたのを思い出しました。笑  ビジネスホテルくらいで社員のやる気を削ぐ必要は、ないですよね。



ネットフリックスの上司に率直にフィードバックするカルチャーなど、

これUSだからできるんだよね?と思う部分もありましたが

(だって日本でやるのは相当ハードル高かろうと思われます)

最終章にネットフリックス流をグローバル展開した時の話も触れてありました。


もっとこのへんのケーススタディを沢山かいてほしいです。

共著者エリン・メイヤーさんの『異文化理解力』もすごく説得力のある本でしたので、その辺を取り出して続編をぜひ!


企業に勤める人みんなにおすすめ!





9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

産休中の楽しみ

ただいま新生児育児をしています。 当たり前ですが、眠いです。 しかし今回第二子は出産が短く済んだ分、 前回(第一子のとき)よりも体の回復は早いです。 赤ちゃんのお世話も、一度はやったことのあることばかりですし 何よりありがたいことに、今のところ育てやすいベビーなのです。 なので、楽しみも見つけながらやっております。 例えば、授乳中両手が塞がるわけですが Audibleで本の朗読を聞くのが割と良いこ