• Makiko Kaiser

読了『ノー・ルールズ』


ネットフリックスのことを書いた『ノー・ルールズ』。

面白いと話題の本を読了しました。



噂にたがわず面白かった!

こんな面白いビジネス書はめったにないんじゃないでしょうか!


何が面白いって、経費や休暇の承認がいらないなどの、「ふつう」の組織の概念をぶっとばすその発想。

いろんな会社をみてきましたが、こんな企業統治の仕方があったのか!と目からウロコです。


以前勤めた会社で、出張の宿泊費規定がシングル一泊1万円とかだったところがありました。

当時コロナ前の東京。急に決まった出張にきて、一泊一万円というのは厳しく、というかそんな部屋は見つからず、やむなく予算オーバーの部屋に泊まったら上司に叱責され、やる気なくなってた人がいたのを思い出しました。笑  ビジネスホテルくらいで社員のやる気を削ぐ必要は、ないですよね。



ネットフリックスの上司に率直にフィードバックするカルチャーなど、

これUSだからできるんだよね?と思う部分もありましたが

(だって日本でやるのは相当ハードル高かろうと思われます)

最終章にネットフリックス流をグローバル展開した時の話も触れてありました。


もっとこのへんのケーススタディを沢山かいてほしいです。

共著者エリン・メイヤーさんの『異文化理解力』もすごく説得力のある本でしたので、その辺を取り出して続編をぜひ!


企業に勤める人みんなにおすすめ!





閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご訪問ありがとうございます。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 1月半ば某日。 いつものように ・オンライン ・同時通訳二名体制 ・teams 2回線(メイン会議回線と、片方向同時通訳訳出用回線) という案件を仰せつかり 会議30分前に指定されたリンクから オンラインタイマー「Chronograph」にアクセスしました。 ※以前Chronographについて書いた記事はこちら ところが、読み込めな