• Makiko Kaiser

産休中の楽しみ


ただいま新生児育児をしています。

当たり前ですが、眠いです。


しかし今回第二子は出産が短く済んだ分、

前回(第一子のとき)よりも体の回復は早いです。

赤ちゃんのお世話も、一度はやったことのあることばかりですし

何よりありがたいことに、今のところ育てやすいベビーなのです。


なので、楽しみも見つけながらやっております。


例えば、授乳中両手が塞がるわけですが

Audibleで本の朗読を聞くのが割と良いことがわかりました。

ミシェル・オバマさんの"Becoming" (邦題は「マイ・ストーリー」)を聞き、

その流れで今はオバマ大統領の"Dreams from my father"(邦題は「マイ・ドリーム」 を聞いています。

広告も入らないし、一度つけたら消すまで操作しないで済みますし、

質の良い英語に触れられるので気に入っています。


それから横になる時間が取れたら、睡眠を取るのも大事ですが、読みたい本もあります。

芥川賞の「推し、燃ゆ」と、

中谷美紀さんの新しいエッセイ(オーストリアでの結婚生活の話)、

内館牧子さんの昨年でた小説が積んであります。


安産だったとはいえ、産んだことには代わりなく、

ちょっと腰をやられまして、

YouTubeを見ながらゆる〜いヨガも、少しやっています。

B-life っていうチャンネルが気に入っています。

太陽礼拝などやるとまだ体がバラバラになりそうなので、

ストレッチや足裏マッサージなどの、強度の弱いものを中心に。

来週あたり、リハビリ的に、9ヶ月ぶりに少し散歩もできたらいいなあ。


妊娠出産って、体にとっては大きな変化ですよね。

妊娠中の気持ち悪さがなくなって、

なんでも食べられるようになったのがほんと嬉しいです。

最後まで魚介類、発酵食品、緑茶、香味野菜などなど、

臭くて受け付けないものが多かったですが、産んだらウソのように一切問題なし。

ホルモンの支配力を改めて感じます。


食欲がないときは料理もできないものですが

色々作れるようになったので、夫も喜んでいると思います!


こんなブログを書くこともできるようになったので、

お仕事も間も無くできるようになるでしょう。


36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

生まれました

過日、産休の記事を書かせていただきましたが おかげさまで無事生まれました。 妊娠が早く終わって欲しい一心で 私なりに努力をしまして、その成果か、 ベビーが空気を読んでくれたのか 38週で出てきてくれました。 破水から5時間。安産でした。 2回目かつ最後の新生児育児を楽しみたいと思います。 お仕事は3月から徐々に再開したいと思います。 またどうぞよろしくお願いします。