• Makiko Kaiser

新兵器iPad Proの通訳的使い心地


先日、コロっちゃった市場に対応するために、新しいiPad注文しました、と言う話を書きました。こちら


一ヶ月もかかりましたが、そのiPad Pro 2が届いたので、

通訳者的見地から使い心地をレポートしてみようかと思います。


わ〜、ブログっぽ〜い♪(あんた誰)


こちらiPad Pro 2のWi-Fiモデルです。

角ばった感じがiPhone5あたりを思い起こさせます。

ケースは女子らしく、気分の上がる淡いピンクにしてみました。(あんたいくつ)





高いのと、必要性をあまり感じなかったので、キーボードは注文しませんでした。


代わりにApple Pencilと言うのを買ってみました。

右サイドにくっついている白いやつです。


これもやたら高いですが、これが使ってみたくてiPad自体を買い換えたようなもんです。

(だって普通の筆記用具だったら、1万円超もするペンシルってどうですか。自分用に買わないでしょ)


会議資料をPDFで頂いた時に、直接書き込んで準備ができたらいいな〜と思って買いました

と言うか、もはやハードコピーをもらえる時代ではなくなったので、そうするしかない。


PDFに書き込むには、そのような機能のあるアプリが必要です。

仕事に使うんだから、ちょっとは投資しましょ。

ささっと検索してみて、一番評判の良さそうだったGoodNotesと言うアプリを買いました。お値段は1000円くらい。


では早速試運転。

PDFファイルをGoodNotesに読み込んで、

Apple Pencilを準備して、っと。


おお!素晴らしい。

ほぼ時差なく、サクサクかけますよ!



(まさか本物の会議資料をブログに載せるわけにいかないので、

劇団四季の会報をサンプルにしております。

ミュージカル好きなもので、四季の会会員なのです。)


ペンの色も自由自在。

プレゼンの背景が濃い色だと、黒いボールペンで書き込んでも見えにくいので、

銀色のペンに変えたりプチストレスだったのですが、これなら解消しそう!


会議中、iPadを資料を見るのに使ってしまったら、通訳メモを取るのには使えないですが、

レスポンス速度的には十分そうなので、慣れればメモ取りもイケる気がしました。

充電はどれくらい持つだろうか。



ちょっと触ってみて思いましたが、

今学生だったら、これ一つで十分ですね。

私なんかは紙のノートを科目ごとに何冊も持ち歩いていたものですが、

今ならこれ一台あれば勉強できてしまうと思います。

学生には高いか。


もちろん絵を描く人なんかも、いまどきはこう言うのを使って描いてるんでしょうね〜。


せっかく高性能なものを買ったので、出来るだけ使いたいと思います!



でも、やっぱりオンライン会議用に、もう一台パソコンが要るよな。。

仕事用の黒いカバンも、ファースナーが壊れちゃったから買い換えなくちゃ。

コロナでも、たまにオンサイトの案件あるもんね…ブツブツ…












129回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

【翻訳】「ネットフリックスの採用面接で頻出、一流人材を見極める5つの質問」

Business Insiderさんで担当させていただいた翻訳記事が 本日公開になりました。 ネットフリックスの採用面接で頻出、一流人材を見極める5つの質問 https://www.businessinsider.jp/post-228428 *有料です。 ネットフリックス志望の方はぜひ御覧ください! Netflixで私がよく見るのはPeppa Pigです。 正確に言うと、私というより、子供に見せ