• Makiko Kaiser

妄想ポストコロナ

NHKに、こんな記事が載ってました。


テレワーク導入で都心部のオフィス賃貸解約や面積縮小の動き

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200511/k10012425101000.html?fbclid=IwAR06NGDovylPU3noZ5gA4YVV_-YT_GEGDJojdjSgMnUY3yLAROwqX3bLez0



面白いなと思いました。

コロナで、いろいろなことが変わるんですね。


コロナ

→在宅勤務


→電車の需要減 

 電鉄各社は収益構造が変わるのか?


 オフィススペースの需要減

 オフィス街の飲食店の需要減

→都市計画や開発プロジェクトに影響が出る、東京がもっとゆったりした街になるかも?


 ベッドタウンにコワーキングスペースの需要増、

 夫婦それぞれの仕事部屋が取れるような大きな住宅の需要増、

 都心に住まなくても良くなるので、住宅価格や家賃にも影響が出る?


 テレワーク前提なら、極端なこと言うと

 「北海道に住みながら沖縄の会社に勤務する」なども可能になるので、

 住まい方が分散化する。


 自宅で仕事をすると、家具の設計が変わるかもしれないですね。

 見た目他の家具と並べてもおかしくないような、

 オフィスチェアっぽくないけど、仕事しやすいような椅子などが生まれる。

 自宅用の机とかが売れる(すでに売れている。私もスタンディングデスクを買いました)。


 自宅のインターネット回線を早くしたい人が増える。


 スマホしか持っていなかった人も、パソコンを持つようになる。

(いますでにパソコンが売れてるって、どこかで見ました)


 お化粧もあんまりしなくて良くなる? 

 必要な仕事服も変わる気がします。


後世振り返ったら、

東京一極集中を是正するためのカンフル剤はコロナだった!ってことに、

なるのかもしれません。


2040年。私はもしかしたら安曇野に住んでいて、

エネルギーは住宅に備わった再生可能エネルギーを利用して自家発電。

完全ゼロエミッションな生活をしつつ、

北アルプスを見ながら、東京で行われる会議の同時通訳をリモートで行う。

紙資料はゼロ、パートナー通訳はデリー在住。

隣の部屋では夫がバリバリ翻訳をこなしている。

会議が終わったら、二人でサクッと燕岳(つばくろだけ)に登りに行く。

と言うような日々が、もしかしたら実現するのかもしれません。



この写真はフリー素材で、フレンチアルプスって書いてありました



(しれっと書きましたが、燕岳って、

それなりに登るの大変な山なんです。足腰鍛えとかないと)


妄想が色々膨らんで、なかなか興味深いです。


 

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という