top of page
  • 執筆者の写真Makiko Kaiser

哲学科の思い出

更新日:2020年8月16日

衝撃的な自殺のニュースがありましたね。

若くて美しいひと。安らかに休まれますように。


専門家でも何でもない、ただの素人ですが、自殺に関しては少し思い入れがあります。


自分が死のうと思ったことは幸いにしてありませんが、かつて在学した「文学部哲学科」というところには、死にたい願望を持った若者がたくさんいました。


死にたい。

手首を切った。

オーバードーズした。

閉鎖病棟に入った。


そういう話は複数の友人の体験談として、現在進行形で聞いていました。


何の役にも立たない自分を悔やんで、心理学の本などを読み漁ったりもしました。私も、苦しかったです。


村上春樹の表現を借りれば、「生の真っただ中で、全てが死を中心に回っていた」ような時期でした。(出典は「ノルウェイの森」、記憶ベースで書いているので正確な引用ではありません。)


そんな経験と、そのあと何年も生きてみて思うのは、「突然命を絶ったように見える人は、長年死ぬことを考えていたのだ」ということ、それと、非常に残念ながら「人が本気で死のうと決めたら、他人にはもうどうすることもできない」ということです。


社会的な成功度合いとか、生きて叶えたい夢とは別に、「死」を身近に感じつつ、選択肢としながら生きている人というのは、人口に対して一定程度の割合で、常に存在するものだと思います。(この辺りも「ノルウェイの森」を読むとちょっと納得できるかなと思います。)


ただし、健康な体が死ぬのは簡単なことではないので、失敗して助かる人も多いでしょう。もちろん、中には成功してしまう人もいるわけですが。


自ら死なないで欲しい。

焦らなくてもいつか必ず死ぬ日はくるので、それまでは生きてほしい。

死にたいと思ってしまったら、行動してしまう前に、誰かに電話でもして欲しい。


かつて死にたいと言っていた同級生たちは、今頃どこで何をしているでしょうか。「死にたい」と口にしていた分、黙って決めて逝ってしまう人よりは、生きたかったはずの彼ら。


どうか元気で、生きていて欲しいです。





閲覧数:218回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワーママの悩み

英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 2歳と6歳の子供を育てています。 今日はワーキングマザーとして 最近ちょっと悩んでいることを書いてもいいですか。 いいですよ(一人二役) 悩んでるってほどでもないんですが… やはり家庭と仕事のバランスは常に悩みどころです。 通訳になりたくてなったわけなので お仕事はできるだけやりたい。 でも一方で、どういうお仕事を受けたら、 家庭にどういう影響があるのかも、考える

chronograph がダウンした日、と保育園が休園した話。

ご訪問ありがとうございます。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 1月半ば某日。 いつものように ・オンライン ・同時通訳二名体制 ・teams 2回線(メイン会議回線と、片方向同時通訳訳出用回線) という案件を仰せつかり 会議30分前に指定されたリンクから オンラインタイマー「Chronograph」にアクセスしました。 ※以前Chronographについて書いた記事はこちら ところが、読み込めな

Comments


bottom of page