top of page
  • 執筆者の写真Makiko Kaiser

ワクチン副反応

新型コロナのワクチン(モデルナ)を打ちました。

二回目を打ったあとの副反応は、まあまあ人並みに出たのではないかと思います。




日曜昼に接種→軽くクラ〜っとして、当日午後は爆睡。

(前日一人で子連れでやや遠くまで出かけたので、疲れてただけという説もあり)


翌日月曜日、クラクラ〜が強くなり節々が痛く、発熱の予兆を感じる。

昼近くから発熱、38.0度になったところで無理せず解熱剤を服用。

薬の力でまもなく熱は下がるが節々の痛さとだるさは残り、

2日連続で午後爆睡。

家事やら料理やらは無理、でも旦那がぎこちなく用意してくれた夕飯はきちんと完食。

いつもの就寝時間ごろ、また熱が出るかもと思いつつ二回目の解熱剤を服用。


翌々日火曜日、朝から平熱。ちょっと動くと疲れるので、横になって過ごす。


水曜日の今日、平常運転に戻る。


という感じでした。月曜火曜は休みにしておいてよかった。


予防接種して2日も寝込むのは初めてですが

コロナに感染するよりはよっぽど良いと思いました。

予防注射でこれなら、感染したらさぞかし。


1回目は腕がすごく痛くて、

クルマは運転しないほうがいいなと思ったのですが

2回めは腕の痛みはそうでもなかったです。

腕だけにフォーカスするなら運転しても大丈夫な感じ。

でも鏡で見たらぷっくり腫れていました。触れると熱をもっています。


昨夜は3回目接種のニュースも流れていましたが、

3回目もこんなに副反応でるんですかね。

毎回2日も休むんじゃ大変だから、あっさり行ってほしいなぁ。


本調子に戻ったところで、午後からまた通訳業務に取り組みます。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワーママの悩み

英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 2歳と6歳の子供を育てています。 今日はワーキングマザーとして 最近ちょっと悩んでいることを書いてもいいですか。 いいですよ(一人二役) 悩んでるってほどでもないんですが… やはり家庭と仕事のバランスは常に悩みどころです。 通訳になりたくてなったわけなので お仕事はできるだけやりたい。 でも一方で、どういうお仕事を受けたら、 家庭にどういう影響があるのかも、考える

chronograph がダウンした日、と保育園が休園した話。

ご訪問ありがとうございます。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 1月半ば某日。 いつものように ・オンライン ・同時通訳二名体制 ・teams 2回線(メイン会議回線と、片方向同時通訳訳出用回線) という案件を仰せつかり 会議30分前に指定されたリンクから オンラインタイマー「Chronograph」にアクセスしました。 ※以前Chronographについて書いた記事はこちら ところが、読み込めな

Comments


bottom of page