• Makiko Kaiser

ストリートアートを見に、メルボルンを歩く

最終更新: 2020年3月17日

ストリートアートといえばニューヨークと思っていましたが

メルボルンでも積極的にストリートアートを活用しているそうです。


ストリートと呼ばれる表通りに対して

ナニナニレーンと呼ばれる裏道へ、アートをフックに人の流れを呼び込むことで

経済の活性化や犯罪率の減少などを狙っているそう。


面白そうなので、ロンリープラネット先生の記述を参考にレッツゴーです。


CBDと呼ばれるメルボルン中心部はなんと無料のトラムに乗って、

ロンリープラネット曰く「ストリートアートのメッカ」、Hosier Laneへ向かいました。


ペンキがかかってますが、右上の隅にHosier Lane と書いてあるのがお分かりでしょうか。




引きで見るとこんな感じです。

みんな写真を撮ってます。インスタ映えしますねぇ。



ここのHosier Lane と、近くにあるAC/DC Laneとそれに続くエリアが見ごたえありました。


写真がありすぎて

どの絵がどこのレーンかわからなくなってきたので、順不同で貼っていきます。


スーパーマンじゃなくてデーモンなんだ?


ドブネズミみたいに美しくなりたい。




現代思想的に、こちらの作品が私は気になりました。

壁じゃなくて、多分シャッターじゃないですかね。



これもなかなか。

普通のポスターのサイズですが、メルボルン市内の何箇所かで見かけました。



奥のお花がバーンと目に飛び込んできたんですが、

よく見ると有名なマネの絵の模写に、ブッダもいるではないですか。




ブッダの裏はこうなってます。

靴がたくさん吊るしてありました。

作者にどういう意図があるのか聞いてみたい。




この木を運ぶ人も圧巻。

ゴミ箱との対比で、どれくらい高さのある作品かお分りいただけますでしょうか。

足場を組まないと絶対描けないサイズです。

自然発生的にこうなったんじゃなくって、きっと誰かが管理してるんでしょうね。


ここに載せた写真はごく一部です。

好きな人はずっといられそうな面白さでした。

絵は描き変えがあるとのこと。


現代アートの面白いところは、作者の思想だと思います。

今を生きるアーティストが自ら解説してくれるツアーなどもあるようなので

メルボルンに用事があって、かつアートに興味のある方はぜひトライしていただきたいです。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旦那の特許翻訳セミナー

いつもブログのネタにしている、うちのオージー夫。 れっきとした翻訳者で、特許を専門にしています。 日本語から英語の翻訳は、是非ご用命ください。 特許って、難しいですよねえ。私なんて、見ただけでクラクラしちゃう。 かなり修行しないと、日本語ネイティブだって、読めないと思いますよ。 あんな日本語を読みこなせる主人は、エライと思います。 JACI主催の日本通訳翻訳フォーラム2020で、そんな旦那氏が講師

オージー旦那が爆笑したニッポン英語

久しぶりの更新です。 ちょっとした事情で、コロナとは次元の違うところで、 仕事どころではない日々を過ごしております。 先日のこと。 オージーの旦那がメールを見て、突然笑い出しました。 子供の通う保育園から、毎日その日の活動内容がメールで送られてくるのですが、 それがおかしかったそうです。 要約すると、 「コロナで長らく中止していましたが、英語の時間が再開しました。 How are you? と英語