• Makiko Kaiser

オンライン飲み会に参加しました

最終更新: 2020年5月3日

コロナのせいで繁忙期のはずなのに谷に落ち込んだ通訳業界。

2014年に開業した私には、はじめての大きな谷です。


こんな時こそ繋がろう!という趣旨の飲み会が

オンラインで開催されたので、参加しました。

(主催してくださったJACIのI様ありがとうございます!)


よくテレビとかで目にするオンライン飲み会。

なかなか子供を置いて夜に外出っていうのもしにくいし、

面白そうだから一度やってみたかったんです。


各自で飲み物やおつまみは用意して

コンピュータの前に待機、時間になったらログインです。















ウェブカンファレンスのシステムは複数存在しますが

主催者が用意してくださったのはzoom。

20名くらい参加者がいたのですが

Breakout room という機能を使うと

飲み屋で複数テーブルに別れるような感じで

少人数に分かれてそのグループだけで会話できます。

席替えと同じ感覚でBreakout roomをシャッフルすることもできました。

(もちろん、操作しておられたのは主催者様です)


つまり一般的なワークショップはzoomで行えるってことですねー。


通訳者の皆さんはバイタリティあふれる方々が多く、

仕事がなくなった人が多いながら

話の内容は非常に前向き。


せっかく時間があるんだから勉強会をしようという案が出たり

いま話題の遠隔通訳とはどういうものか、

どういうエージェントがあるのか、

どういう機材が必要なのか、などなど

有益な情報をたくさん教えていただき、元気が出ました。


幼児育児中の身にはオンラインのほうが参加しやすいし、

海外の参加者から貴重な日本以外の市場のお話も伺えるし

飲み屋に行くより安いし、うるさくないし、タバコの煙もないし、

1人づつしか発言できないから話もわかりやすいし、

オンライン飲み会、すごく気に入りました。


今後JACIのマネジメントメンバーの方々が

でた案を色々実現してくださるんだと思うのですが、

自分でも貢献できることがあったらしたいなあと思います。

69回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

産休中の楽しみ

ただいま新生児育児をしています。 当たり前ですが、眠いです。 しかし今回第二子は出産が短く済んだ分、 前回(第一子のとき)よりも体の回復は早いです。 赤ちゃんのお世話も、一度はやったことのあることばかりですし 何よりありがたいことに、今のところ育てやすいベビーなのです。 なので、楽しみも見つけながらやっております。 例えば、授乳中両手が塞がるわけですが Audibleで本の朗読を聞くのが割と良いこ