• Makiko Kaiser

オンラインリモート通訳その後

更新日:2021年6月30日

世界がコロナに満ち溢れ、通訳市場もコロナショックで大激震だった今年春、

いかにして既存のリソースで在宅通訳をするか、という記事を書きました。


特に閲覧件数の多かったのはこちらの記事ですが、

その後数ヶ月たちアップデートもありますので、以下簡単にまとめたいと思います。

(元記事にも追記済み)


・その後、このお客さんではSkype for Business は使わなくなりました。(回線不安定すぎるため)

その代わりTeamsを2回線使うようになりました。

(Skype for Business って、オワコンみたいで、もうサポートしてないらしいです。どうりで。)


・交代も、声を出して「お願い」というのではなくて、

Chronograph というオンラインタイマーで数字を見ながら無言で交代するようになりました。


・でも、TeamsにはKudoというリモート同時通訳ツールが搭載された(日本市場ではこれからされる?)とのことなので、

Teams1インスタンスでメインの会議・通訳音声・通訳者同士の交代の、全てを完結できるようになる(あるいは日本でもすでに出来るようになってる?)と思います。


・Kudoが入った(入る)ということは、

英日・日英双方向の同時通訳がリモートで出来るようになります。

片方向逐次という制約が外れます。


パソコン2台も使わなくて良くなる!文明開化!



遠隔通訳関連の記事、ご好評頂いております!
こちら からリモート通訳の記事の一覧が見られます。
どうぞよろしくお願いします♪


閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 本日、翻訳を担当させていただいた記事が公開になりました。 ロシア版インスタ「Rossgram」が登場。インフルエンサーの収益源を目指すが…ロシア国内の反応は? https://www.businessinsider.jp/post-252408 有料ですがご興味のある方、よろしくお願いいたします。 課金していただくと、末尾に私の名前が翻訳者としてクレ