• Makiko Kaiser

オンラインリモート通訳その後

世界がコロナに満ち溢れ、通訳市場もコロナショックで大激震だった今年春、

いかにして既存のリソースで在宅通訳をするか、という記事を書きました。


特に閲覧件数の多かったのはこちらの記事ですが、

その後数ヶ月たちアップデートもありますので、以下簡単にまとめたいと思います。

(元記事にも追記済み)


・その後、このお客さんではSkype for Business は使わなくなりました。(回線不安定すぎるため)

その代わりTeamsを2回線使うようになりました。

(Skype for Business って、オワコンみたいで、もうサポートしてないらしいです。どうりで。)


・交代も、声を出して「お願い」というのではなくて、

Chronograph というオンラインタイマーで数字を見ながら無言で交代するようになりました。


・でも、TeamsにはKudoというリモート同時通訳ツールが搭載された(日本市場ではこれからされる?)とのことなので、

Teams1インスタンスでメインの会議・通訳音声・通訳者同士の交代の、全てを完結できるようになる(あるいは日本でもすでに出来るようになってる?)と思います。


・Kudoが入った(入る)ということは、

英日・日英双方向の同時通訳がリモートで出来るようになります。

片方向逐次という制約が外れます。


パソコン2台も使わなくて良くなる!文明開化!


74回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモート大好き

新型コロナが始まって1年以上経ちました。 個人的には二度目の妊娠出産がありました。 通訳界隈では、オンラインの利用が普及しました。 1年ちょっとまえは、 同じ部屋で2本のマイクを同時にONにしたらハウリングする、という事実も 通訳者の常識ではありませんでした。今はみんな知ってますよね。 オンライン会議に自宅から入るのもすっかり慣れました。 リモートワーク、私は大好きです! 「通訳を提供する」という

【翻訳】「ネットフリックスの採用面接で頻出、一流人材を見極める5つの質問」

Business Insiderさんで担当させていただいた翻訳記事が 本日公開になりました。 ネットフリックスの採用面接で頻出、一流人材を見極める5つの質問 https://www.businessinsider.jp/post-228428 *有料です。 ネットフリックス志望の方はぜひ御覧ください! Netflixで私がよく見るのはPeppa Pigです。 正確に言うと、私というより、子供に見せ