• Makiko Kaiser

【BIさん翻訳】『コロナ禍で社会人になったZ世代が考える「これからの働き方・上の世代に思うこと」』

更新日:1月31日

あけましておめでとうございます。

英語通訳翻訳・カイザー真紀子です。


元日に、Business Insiderさんで翻訳を担当させていただいた記事が公開になりました。



コロナ禍で社会人になったZ世代が考える「これからの働き方・上の世代に思うこと」

https://www.businessinsider.jp/post-248072?fbclid=IwAR16PNOxa-_FtekApdB2usAsSs8NwJIlNWm9wAgtAmtfcWnYYA3vTucsBro



元日から公開になって嬉しかった、ミレニアル世代の私です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021年大晦日はこんなことをつぶやいていました。↓


2021のハイライトはなんと言っても年初に次女を産んだことでした。

大台にのってましたが安産でした。


コロナのせいで夫が立ち会えなかったのは残念ですが、

そのあと家族は一度も見舞えないままに祖父が入院先で他界し、

一人で産む方が一人で亡くなるより一万倍マシだったと思い至りました。


産後1ヶ月半でしれっと通訳復帰しつつ、

幅を広げたくて三箇所で自主的にブログを書き、

コロナ前ゼロだった翻訳の仕事もまあまあやらせていただき、

オンライン通訳も引き続き自分の中ではそこそこ、ご依頼いただきました。


正直、子供のためにもっと稼ぎたいなぁとは思いますが、

赤子を育てながらにしては満足な仕事量でした。


コロナ立ち上がりの頃会社をやめてフリーランスになった旦那氏の

仕事も回るようになって、お姉さんになった長女も成長目覚ましく、

次女もあっという間にもうすぐ歩きそう。


夏のデルタのとき登園自粛要請が出たのは心底キツかったけど、

ワクチンも打ったし、願わくば今年はコロナの状況も良くなって、

2度と登園自粛要請はかからないで欲しいです。


--------------------------------------


2022年が皆様にとって良い年でありますように!


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 本日、翻訳を担当させていただいた記事が公開になりました。 ロシア版インスタ「Rossgram」が登場。インフルエンサーの収益源を目指すが…ロシア国内の反応は? https://www.businessinsider.jp/post-252408 有料ですがご興味のある方、よろしくお願いいたします。 課金していただくと、末尾に私の名前が翻訳者としてクレ