top of page
  • 執筆者の写真Makiko Kaiser

【通訳環境改善@自宅】アーロンチェアがやってきた

更新日:2021年6月30日

アーロンチェアが我が家にやってきました。

20万もする高級オフィス椅子です。


しかもタダ。

もらってきたものです。

(メーカーのページはこちら


こんなに在宅勤務ばっかりすることになるとは思っていなかったので

食卓から運んできたテキトーな椅子に座って会議をしていたら

だんだん腰が痛くなり…


インターネットを徘徊してオフィスチェアを物色していたところ、

実家の、しかもリビングの真ん中に

なぜかオフィスチェアが使われずに放置されているのを思い出しました。

それがアーロンチェアだったというわけです。



そんなにお高い高級品だとは知らなかったので

お値段を聞いてびっくりしました。

「えええ〜?もらっていいのー??」ってなりました。

どうぞどうぞ、と言ってくれた元持ち主のおばあちゃん、ありがとう。


肝心の座り心地ですが、良いです!

骨盤をしっかり支えて、持ち上げてくれる感じ。

終日会議も、翻訳するときも、楽になりそうな予感がします。


20万円の椅子だと思うから、余計よく感じられるのかもしれません。

実家にあったときは「邪魔な場所にあるな」としか思っていなかったのに、現金なものです。



*通訳そのもののための音声環境をととのえた話はこちら



リモート通訳用の装備品

(マイク、オーディオケーブル、LANケーブルなど)

が増えたので、棚も買いました。こちらはお値段以上のニトリです。


かさばるFIFINEのマイクが、2本ともすっきり収まって仕事部屋が良くなりました。


収納場所ができたので、今使っているPCになにかあった時に備えて

バックアップ用のPCを1台買おうと思います。

実際にラップトップを落としてしまい、壊した前科がありますので…


いまマック2台でやってますが

ウインドウズも1台あったほうがいいなと思ってます。

リモート通訳、お金かかりますね。



遠隔通訳関連の記事、ご好評頂いております!
こちら からリモート通訳の記事の一覧が見られます。
どうぞよろしくお願いします♪


閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワーママの悩み

英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 2歳と6歳の子供を育てています。 今日はワーキングマザーとして 最近ちょっと悩んでいることを書いてもいいですか。 いいですよ(一人二役) 悩んでるってほどでもないんですが… やはり家庭と仕事のバランスは常に悩みどころです。 通訳になりたくてなったわけなので お仕事はできるだけやりたい。 でも一方で、どういうお仕事を受けたら、 家庭にどういう影響があるのかも、考える

댓글


bottom of page