• Makiko Kaiser

【翻訳】Business Insiderさん 「YouTubeショート」の記事

更新日:2021年9月29日


先週のことですが、翻訳担当させていただいた記事が公開になりました。

(有料記事です)



打倒TikTokの新サービス「YouTubeショート」。クリエイターに月額最高1万ドル支給、その狙いとは?


YouTubeショートってご存知でした?私は知らなかったです。

この記事の原文を読んでアプリをアップデートしたら見られるようになりました。

YouTubeだけど、ティックトックみたいな短い尺の動画が見られるのです。


いつもBusiness Insiderさんの翻訳をさせていただくときは

タイトルは自分なりに、原文はちょっと脇においておいて、

訳すと言うよりは自由に「書いて」見ることにしています。


ウェブメディアらしくて読者の関心をひくようなタイトル、

クリックして記事を開いてもらえるようなタイトルって

どんなのかな〜と思いながら。


本文を訳してから最後に気合を入れて「いざ勝負」って感じで言葉を選ぶのですが、

今回も公開されたときにはぜんぜん違うものに変わっていました。

元の訳を出していいのかわからないので出しませんが、キャッチーさのレベルが違う。

プロの編集者さんってホントすごいです。


翻訳者(私)も少し記事のライティングの勉強をするといいんだろうなと思います。

どうすればそういう経験が積めるのか、ご存じの方いたら教えて下さい。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 英語通訳翻訳カイザー真紀子です。 本日、翻訳を担当させていただいた記事が公開になりました。 ロシア版インスタ「Rossgram」が登場。インフルエンサーの収益源を目指すが…ロシア国内の反応は? https://www.businessinsider.jp/post-252408 有料ですがご興味のある方、よろしくお願いいたします。 課金していただくと、末尾に私の名前が翻訳者としてクレ